クリスマスプレゼント家族といっしょに

0-24
きよしこの夜博物館でクリスマスプレゼントを購入する気持ち
礼拝堂の前に「きよしこの夜特別郵便局」と「きよしこの夜博物館」
を建てました。
クリスマスシーズンには博物館前にクリスマス市を設け、観光客の
誘致に力を入れるようになりました。
また、近くには土産物店もできました。
営業は、11月末から1月6日までで、毎年異なったスタンプを押して
もらえます。
12月にはアメリカや日本からの観光客がバスで大勢訪れてきてにぎわっ
ています。
「きよしこの夜博物館」は、オーベルンドルフの町や「きよしこの夜」
の歴史を本当によくまとめて展示してあるんです。
しかし、観光客のほとんどが1階のショップしか訪れずに、二階にある
博物館まで行く人はほとんどいません。
そして、礼拝堂のすぐ後ろにはエゼフモアが住んだ司令官もあります。
残念ながらこれに気がついている人はほとんどいません。
クリスマス市はドイツ、オーストリア、ドイツ国境に近いフランスの
エルザス地方など、ドイツ語圏で盛んに行われています。
その他の周辺国にもあるのですが、ドイツ語圏ほどは盛んではありませ
ん。⇒感動の誕生日プレゼントを彼女へ贈るならこちら
最近では、以前はやっていなかた都市であるアムステルダムでも
ドイツ風のクリスマス市が行われています。
これは年を追うごとに開催する都市が増加しています。
ドイツ語圏に限っては、クリスマス市の数は増えています。
クリスマス市で有名なニュルンベルクやミュンヘンでは、クリスマス市
のことを「クリストキントレマルクト」または、「クリッペルマルクト」と呼ばれています。

世界ひ広まったクリスマスソング

0-26

19世紀には後半には、スウェーデンやノルウェーのカトリック教会だけ
でなく、プロテスタントの教会でも「きよしこの夜」が歌われていま
した。
また、宣教師とともにアフリカ、インド、ニュージーランド、南アメリカにまで評判が広がっていきました。
重要なのは、ライナーファミリー合唱団やシュトラッサーファミリー
合唱団が、チロルの出身者だったからこのクリスマスソングが世界伝播
したことです。
もし、バイエルンの出身だったり、「きよしこの夜」がフランスで
作成されていたりしたら、ハプスブルク帝国との同盟国の皇帝の御前
で歌うことはなかったのです。
また、イギリスを含む同盟国での公演に次々招待されることもなかった
のです。
また世界の舞台で披露されることなく歴史の中に埋もれていたはず
ですね。
ライナーファミリー合唱団によって「きよしこの夜」がアメリカに
上陸した後は最初の英訳歌詞が賛美歌集にのりました。
オリジナルの曲は子守唄のような雰囲気があったといわれており、
この歌が世界各国の言語で翻訳され、たくさんの国で歌いつがれている
ことは、教会にいた誰も想像できなかったでしょう。
ザルツブルクからローカル線で三十分のところにあるオーベルンドルフ
の町外れに、「きよしこの夜記念礼拝堂」があります。
数十年前の12月に訪ねた時には、道しるべもなく、途中で地元の
人に道を聞いてみるしかなかったのです。
何しろ、住宅街にポツンと建っている礼拝堂を訪ねる人は珍しい
ほどです。

クリスマスプレゼントの曲が必要なのはドイツと日本の大都市で人気だったから

「きよしこの夜」を世界的に有名にしたのはライナーファミリー
合唱団です。
ベルリンでは、プロイセンのフリードリヒベルヘイム4世がたいへん
このクリスマスソングを気に入り、毎年、クリスマスシーズンには
王宮で大聖堂合唱団に歌わせていました。
ベルリン、ドレスデン、ライプチヒは日本にたとえると東京、京都、
大阪にあたります。
このような三大都市で「きよしこの夜」が大ヒットするということ
は、今ではミリオンセラーになるようなことです。
ナポレオン戦争や市民革命で疲弊していたヨーロッパの人々の心
に、この曲が安らぎを与えていたのは間違いないでしょう。
「きよしこの夜」はカトリック教会で作られたカトリックのクリスマス
の曲です。
一方で、プロイセン王国の首都ベルリン、ドレスデン、ライプチヒ、
ハノーファーはルターの宗教改革の後はプロテスタント勢力の強い
地域でありました。
それにもかかわらず、なぜ、「きよしこの夜」はプロテスタント地域
でも熱狂的に受け入れらえたのでしょうか。
メロディーが単純でありながら、美しいことがその理由でありますが
最もふさわしい理由は、歌詞がカトリック的ではなかったことです。
カトリックでは聖母マリアが崇拝され、歌詞にもそれが強く反映され
ています。
ところが、「きよしこの夜」の詩には聖母マリアは出てきません。
このことによって、この曲は聖母マリアを崇拝しないプロテスタント
にも広く受け入れられたのです。

チロルの歌をクリスマスの日に演奏する合唱団

ライプチヒで二度の公演を行ってから、ドレスデンの楽譜出版社に
認められ、4つのオリジナル・チロルの歌と題する楽譜が出版され、
その中に、ピアノ伴奏付き4声のための歌として「きよしこの夜」
が収録されました。
なんと、表紙にはシュトラッサー一家の民族衣装姿が手彩色で描かれて
いました。
この時のドイツでは、チロルの民族衣装やダンスがもてはやされて
いました。

0-16
そのために、この曲もクリスマスの歌というより、むしろチロルの歌
として一般に歓迎されました。
シュトラッサーファミリー合唱団よりも先に、「きよしこの夜」を
レパートリーに加えていた合唱団が先にありました。
男性が4人、女性が1人から構成されたライナーファミリー合唱団で、
すでにクリスマスには地元の教会で「きよしこの夜」が披露されて
おりました。
続いて、ライナーファミリー合唱団が、当時に、ツィラー渓谷で有名
でしたが、ヨーロッパ各地やアメリカに公演旅行に出かけています。
この合唱団の人気を高めたのは、その卓越した曲のアレンジ力であり
ました。
チロルを含むアルプス地方の民族音楽は、方言で歌われるうえにメロデ
ィーが単調で、聞いていると耳にはとても心地よい響きなのですが、
そのうちに眠くなってきます。
彼らは、歌詞が理解できない他の都市の聴衆のために、ヨーデルを多用
して、伝統的な曲を新しくアレンジして歌いました。
また、イギリスやアメリカからも招待を受けて、クリスマス当日に
焼失したトリニティー教会そばのハミルトン記念墓地で、チロルの歌
としてこの歌を歌いました。

9月の敬老の日プレゼントをあげておくとクリスマスにいい事があるよ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>